SQ Life 木精占い
Img_afa8bd1caa0dbfa6d1aa0320b95b5128
PAHU(パフ・神聖な太鼓)
Img_7e7a764199c57396121be5689554299c
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
冷たいビールが美味しい季節になりました。
暑い日が続いていますが、夏、楽しんでますか?
わたしは何か不思議な感覚の中で毎日を過ごしています。

8月のマナカードは。このPAHUが出てきてくれました。

PAHUはフラを踊る時に鳴らす神聖な太鼓。
カードには、カフナと思われる人物がサメが潜む水辺で、このPAHUを叩いている様子が描かれています。それは何かを周りに知らせている姿とも捉えられるし、何かの始まりを告げているようにも見えます。

そして、このPAHUにあてられた「13」という数字。
これはタロットでは死神のカードの数字。
だからと言って不吉ということではなく、今、まさに起死回生のチャンスが訪れる…といった意味なのだと私には観えます。

そして、マナカードでは、儀式とタイミングというテーマが与えられていますから、何かの歯車が新しい物事に向かってグルンと動き出すタイミングでもあります。

これからの人生にとって重要な出来事が起こります。
大切な誰かに出会う人も居るでしょう。
氣づきを得て、今までとは全く違う道に進む人も増えます。
もちろん今までの努力が実り形になり始める人も居ます。

迷ったら、誰かに見られて立派な自分ではなく、自分が誇れる自分で在ることを選んで進んでいきましょう。

自分の感性を信じてください。

夏はお祭りも多いので、積極的に参加して、その土地の精霊たちに感謝を捧げ、また、帰省などの際には墓参りをし先祖への感謝も忘れずに。自分を正しい位置に戻してくれるのでオススメですよ。

8という数字は永遠を現し、八という漢字は末広がりを現します。
今月は、大いなるものの中で動かされている私たちが、この世の夢をタップリ味わえる濃密な日々になることでしょう。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。
夏をどん欲に楽しんでいきましょう!

MAHALO☆白龍
Img_85bd23fe6a0ccc26c08b29c031335d9c
Img_f50b8a28b163a37f404d7ad88abc1c41
Img_4f423de881407d5d044a36773c78ec4a
藤原新也さんの「沖ノ島」の写真展より
どおしても観たくなり最終日に会社早退して駆け込みました。
Img_622afadc9cf64df1cb093fe4f6c1c4a4
PELE(ペレ)/火山の女神
Img_b29164bd39b09c1b8cc67badeedadab3
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
Img_87e4433f41b253ffdfce0e45afe881f2
KA WAI A KA PILILIKO(カ・ワイ・ア・カ・ピリリコ)/水に映し出された姿)
ALOHA!

早いもので今年も後半に入ってしまいましたね。
歳のせいもありますが、最近の時の流れの速さに驚きます。

今日は風が強くて海に出られず、久々に家でノンビリと過ごしていますが、

こうやって残りの人生も過ぎていくのかと思うと毎日を無為なものにしたくないと考えたりする反面、特別に何をしなくともエネルギーとして今ここに存在することこそが私達の人生の目的なのかもしれないとも思ったりもします。

最近は、もう何年も前に自分の中で思い描いていた映像のような生活をしたいな~なんて想いが募ってきて、もうじきそうなるのかもしれないなぁ~と感じると共に、また変化してしまう自分が怖いような氣持ちにもなっています。その怖さの感情はエゴが創り出しているフェイクなんですけどね。でも、海からは遠ざかりたくないな~

さて、今月のマナカードからのメッセージ…

今月は「火山の女神」でもある「PELE(ペレ)」が降臨です。

ハワイでは最も身近で愛されている神様の1人でもあるペレ。
彼女の激しさや変幻自在な姿は人々を魅了してやみません。
そして、とてもエネルギッシュです。

このカードには「隆起」というテーマが与えられています。

通常であれば、ボヤボヤしている暇はないから、
今すぐやりたいことをやりなさいよ!

ってな感じでお話することもできます。
このカードを観てそう受け取った方は、それでも良いと思います。

でも、今回わたしがこのカードから観じた印象は
「calm (静かな、おだやかな)」

When there is no cloud in your heart, your heart will be calm.
心に曇りなきときは心静かなり!

心を決めたならば、中心軸にとどまり、その時を待つ。
火山もたくさんのエネルギーを溜めて溜めて、その時を待ってドカーンですよね。

もちろん自分がドカーンといくためのエネルギーを溜めるには色々な努力が必要…なんて考えるのがこの世の仕組みのように思われているのですけれど、それって本当なのかな??

実はもうあなたの中にあって見つけてもらうのを待っている、自然にドカーンと行くのを待っている自然に蓄積されたエネルギーがあるんじゃないのかな。

でもね、そのドカーンなエネルギーって、自分の内側が滞っていると発揮できないようなんですよ。
そのためには自分がどんなことで滞っているかを知ることが大切なんですね。
ぜひ、下記のようなことが自分に思い当たるかたは、このタイミングでそこを見つめ直しておいてみてください。

自己否定・他者否定の気持ちが強い人→正義感にあふれている人、両親・兄弟姉妹・友達・仲間・恋人・メンターなどに強い気持ちを抱いていたり、すぐ反省をしてしまう人…などなど、そんな人はどこかで知らぬうちに人をジャッジしています。

わたし自身も、最近そういう気持ちが強いということを改めて見つめ直し、目からウロコ&涙ですよ。自分のこと、なんも判っとらんかった。

でも、人間ってどんな人もみんな、神様(この世を動かしている大いなる存在)が愛していないモノなど居ないんですって。
究極、どんな犯罪を犯した人だって、悪徳といわれている政治家だって、不倫をしている人だってそうらしいです。…うん、確かに神様はより好みはしないよね。そうじゃなきゃ、その人達を作らないだろうし。

誰かを責めている人は自分を責めています。自分を責めている人は他人を責めています。
みんな私達に氣づかせてくれるためのこの世の幻想でしかないそうです。

これが、最近のわたしの学びです。

今回、もう1枚ひいてみようと思って補助のカードをひいたのですが、それが「KA WAI A KA PILILIKO(カ・ワイ・ア・カ・ピリリコ)」これは11番目のカードなんですが、1と1が並んでますね。鏡のように姿を映し出す水面も描かれています。そして、そこに映し出されているのは美の象徴である金星(ヴィーナス)と受け容れる性質のある女性性を象徴する月。

これは、「わたし と あなた」を象徴しているカードです。
わたしはあなたを観て自分を知るのです。あなたはわたしを観て自分を知るのです。
すべてがそうやって繋がっています。

この世界に入ってしまったら「愛」でしか居られなくなりますね。
無私なるものになりたいもんです。「雨にも負けず…」の世界。

ということで、今月は「やることやって待て!」って感じです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
今月はアッチコッチでドカーン、ドカーンが聞こえますように。


MAHALO☆白龍

Img_157622cdbbf10152d10392a57c677d83
光と影
Img_fcef17e375f160bd7aae08eaacca7c50
HULU(フル/羽根)
Img_c33ea51ca5ded21fb60c24893fdbc42c
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル
Aloha!早いものでもう6月なんですね。
いつも買い物に行くスーパーで梅が大胆に主張してくるもので、昨夜ははちみつの梅酒を作ってみました。出来上がりが楽しみ。そんな6月の始まりです。

では、早速、6月のカードとして現れたのは
HULU(羽)/イリュージョン

羽は現実を作っているのは自分だと教えてくれています。

ある物やある人に対して、自分の目が見ていること、それが現実だと人間は考えていますが、それは総て幻想。

そのもの、ありのままの姿は見ている人はとても少ないです。
自我の目で見たいように物事を捉え、判断している人は多いです。

ハワイの昔の言い伝えに、マウイだけが鳥を見ることができたというのがあります。それはマウイが半神半人だから。人間は鳥のさえずりや羽音をたまに聞くことはあっても姿を見ることはできませんでしたが、あることをキッカケにして、人間と鳥との間にあるベールをとり外したために人々は鳥の鮮やかな羽を称えることができるようになりました。

ほとんどの人が、ベールをとり外す前の人間達のような状況です。

羽は、人間と神を結びつけるものの象徴として現れました。

神というと恐れ多く抵抗がある人もいると思いますが、神=愛であり喜びだとしたら、ベールの向こうに行きたくはありませんか?

この6月は、愛や喜びが完全に自分の人生の中心となるための第1歩の月となります。また、自分の内側に潜むあらゆる可能性について考え行動を起こす時でもあります。

このカードには山が描かれていますが、ハワイ島のカフナがインタビューで、こんな言葉を言ってました。

「人は山の上に行くと自分が何者かが判る」

ひとつの考えだけにとらわれず、たくさんの角度から物事を感じ考えてみる。そして、視野を広くもつこと、今月はこれを意識してみてください。

そして、行動ありき! 今は自分の心からの願いが叶いやすい時期になりますので、どんどん行動を起こして行きましょう。羽根のように軽く、ふわりふわりと。

このメッセージは受け取った人が愛と喜びの中でこれからの日々を過ごせるように祈りをこめて書いています。必要な人の元へ届きますように。

最後まで読んでくれてありがとう。
MAHALO☆白龍
Img_e037fda037d0719f35dc61042eb75908
Img_79a008c3590a468165905cfab689a200
Img_d0c067423da857f75403d730d456a592
おまけ

先日の関西方面に行った際に最後に立ち寄った「サムハラ神社」

祀られているのは宇宙における森羅万象を創造された三柱。
天御中主大神、高皇産霊大神、神皇産霊大神

この不思議な4文字が身を護ってくれるのだそう。

サムハラはサンスクリットのシャンバラ(幸福の維持、平和)からきているとのこと。

シャンバラといえば母の葬儀の時に、この言葉がふと浮かび、母は肉体を離れても幸せなんだなーなんてことを感じたのを思い出した。人間は肉体ではなく霊なんだよね。
Img_a49e205e4abd055b8b030ddf38fd8fb8
六甲山中の花
Img_dda182655a83953e0fbce2373ea46d64
越木岩神社(西宮)
Img_869bf0f499d7670ce0e2a6d295d687fe
布引の滝(新神戸)
Aloha!

GWに突入し、最初の土日はとても良いお天気に恵まれましたね。
みなさんは楽しく過ごしていますか?

私は、「ガイアの法則」の著者でもある千賀一生さんに時期を観てもらい、ここ数年で何度か淡路島を訪れているのですが、今年は4月末に淡路島入りをすると良いとのことで、GWに先駆けてお休みをいただいて関西方面へ出掛けてきました。

前回、生き損ねていた、六甲山の中のたくさんの磐座に御挨拶もでき、マナカードのワークショップなども開催していただき、たくさんの出会いに恵まれ、助けられ、たくさんの人の優しさに包まれて、たくさんの経験をしてきました。 

どうして人々はこんなにも温かいのだろうか…ほんとにほんとに心から感謝です。
Img_d9d50185338737f14282741c1782f425
’Ano'Ano(種)・意思
Img_714686b19642ea171ee2bc0d0113e36d
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
Img_ba1fc425884e119e29ad9828b472ec3c
石屋神社(淡路島)
そして、今月、このページを読んでくださる方々へのマナカードからのメッセージです。

飛び出てきたのは、「'Ano'Ano(アノアノ)」
ハワイ語では「種」を現し、カードに与えられたテーマは「意思」。

このカードはマナカードの中に5枚ある上下カードの一つでもあります。
上下カードは「良い・悪い」で判断するためにあるのではなく、同じアイテムでも視点をどこに置くかで物事が変わるということの象徴でもあります。

今回は、ヒョウタンが下向きなので、ヒョウタンから思い切り飛び出た種は、おかまいなく下のイソギンチャクに降り注いでいます。

これは、「受け身で居なさいよ。」という意味です。

だから、今月は自分が決めつけている特定の結果を追い求めることは得策ではない、とカードが伝えてくれています。

ただし、ただ、「のんべんだらり~」と待っていなさい。という意味でもありません。

無理やり動くよりは、「最高の可能性を信じて、そのチャンスが来たときにしっかりと受け容れられるよう、自分の源に繋がっていましょう。」ということです。

それじゃ、「自分の源」ってなんでしょうか?

私は、人それぞれ違うんじゃないかな…って考えています。

私の場合は、自分の良心。そして、自分が心から笑っていられる状態。
影がひとつもない状態なんじゃないかな~って今は考えています。

みなさんも、「自分の源は何か?」…と、
静かな場所で目を閉じて、数分間…自分に問いかけてみてください。

ビジョンなり、音なり、言葉なり、ふわっと自分の中に湧きあがったものこそが
「自分の源」なんだと思いますよ~是非試してみてくださいね。

また、このカードは44番で、44枚あるマナカードの中で最後のカードでもありますよね。
だから、このカードで一つのサイクルが終わり、また次のサイクルに入っていくことの暗示でもあります。

そして、「4」という数字はハワイアンにとって聖なる数字。そう、とてもパワフルなのですよ。

また、たくさんの可能性を秘めた暗闇の中に輝く種。

とても強く、しなやかに、その種の光をそっと受け取ってみてくださいね。
おそらく今月は今までに経験したことがないような新しい出会いや、新しい展開が期待できる月となるでしょう。

あと、誰かが今まで秘めていた氣持ちがふっと明らかになったり、妊娠のニュースなども耳にするのが増える時期にもなりそうです。
いつでも新しいものが入ってきても受け容れられるよう、身体的にも精神的にも物質的にも柔軟に、そして余裕ある対応ができるように、自分を調えておきましょう。

今月もあなたが周りのみんなの光で在りますように!


MAHALO☆白龍
Img_d31f0e498237f6f49306d2644926b4c6
石鎚山(愛媛)
Img_6e38a739eb4e85ed6faf5f1be7b9e329
北山巨石群(西宮)
Img_c416fa42239fb925e3023e1bc46907fe
六甲山比命大善神
Img_1b964f2b9515edb00e9961cd22f92408
Img_ab096efc4e939a3bc39cc987bd81fbc8
Aloha!

まだまだ寒いですが、花もたくさん咲いて春は確実に訪れているようですね。

私は相変わらずバタバタしていて、4月に入ったことには氣づいていたものの、今月のカードをひくことをすっかり忘れていました。

もう少し余裕をもって、あらゆることに向き合いたいなーなんて考えるこの頃です。


Img_9fe7d6f81ede9541a90c5c4970d91752
MAMALAHOE(ママラホエ・折れた櫂)/同情
Img_0913fe2a8dd34ea0166b59f67e9ade40
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
さて、では今月はどんなことに氣持ちを向けていけばよいのでしょうか?

でたのは、MAMALAHOE(マーマラホエ))
ハワイ語で折れた櫂(パドル)を現し、同情というテーマが与えられています。

マーマラホエ・カナヴァイというカメハメハ1世によって公布されたハワイの法律では、「強い者も時には弱い立場になることがあり、すべての人には恐れや不当な攻撃の危険から解放される権利がある」とされています。

その象徴となっているのが、戦いの際に穴にはまって身動きのできないカメハメハ(弱者)を敵方の漁師(強者)が叩いて折れた櫂。

その後、カメハメハはハワイを統制し王様(強者)になるわけですが、自分を叩いた漁師(弱者)に再会した時に、王様ですからその漁師に罰を与えることもできたのですが、漁師をゆるし見逃したという話からこの法律はきています。

「ゆるし」…これが今月のテーマです。

あなたには許せない人や物事がありますか?

今月は、そういった過去の出来事に捕らわれている自分と向き合い、解き放つ月になります。

独りになり、自分の心の内側に目を向けてみてください。

そうすることで氣づくはずです。

あなたが許せないのは、外側に観ている、あなた自身だということが。

そもそも、ゆるすということは、人や物事を善悪として区別している自分の判断があることから起きています。

この世はすべて幻で、人は自分の観たいように世の中を観ています。
それならば、自分を幸せに導くように世の中を見てみませんか?

戦いは正義感から生まれます。
そこに真の幸せは訪れません。

心は許しで癒されます。
そこに幸せは宿ります。

そうすれば心は軽くなり、様々なものが流れ始めるでしょう。

あと、何か迷っているものがある方は「GO」サインでてます。

では、今月も笑顔の日が1日も多くありますように!

MAHALO☆白龍