SQ Life 木精占い
Img_3f995afd8c3da5bfa92d6d856a7280c5
神津島の海
Aloha!!
風が少し冷たくなり、虫の声もちらほら耳に入ってくる季節となりました。

「今年の夏は短かったなぁー」と歎く足はまだビーサンを履いているので、電車やバスでジロジロと見られる季節でもあります。

写真は先日東京の竹芝から新島に向かったものの波風が荒く新島には着岸できず、結局16時間半の大型客船の旅をすることになったときの客船の折り返し地点でもある神津島の港から見えた海の写真です。

ほんとに美しい海。

島で暮らすことの厳しさを少しだけ垣間見た&仲間が居ることのありがたさを噛みしめた旅でした。
また、船内での再会などミラクル連発の旅でもありました。

この出来事で思い出したのは、マナカードの33番のWA'A(ポリネシアンスタイルの双胴のカヌー)のカード。

最近、わたしの周りでは、ほんとにめまぐるしく色々な変化や信じがたいような嬉しい出来事、寂しいお別れ(それは本当はステキな旅立ちではあるのだけれど)が起きていて、この大型客船の出来事も大きな流れの一つなんですよね。

WA'Aは大きな変化の前にも現れるカードなので、これからみんなが変わっていくことの象徴をリアルに観せられた船旅だったんじゃないかな~と考えています。

そうそう、最近、なるほど~と思った考え方ですが…

「わたし(たち)に気付かせるために、この出来事が起こった。(神様が起こした)」ではなく、

  「出来事」というのはわたしたちの想いが起こしていることなので…

 「わたし(たち)はこんなことを起こしてしまったけれど、この経験はわたし(たち)への学びのチャンスに変換することができる。(神はそれを大いなる愛で見守ってくれている)」
 

↑↑↑ これが真実のようですよ。 信じるか信じないかはあなた次第です。
Img_f8c481042afa14f4070c58b12493fe07
PU'OLO(包み)/解放
Img_03a9e6061e0ead5c28f3e594921f2cab
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
そして、今月のマナカード。
なんとまあ、先月と同じこのカードが飛び出しました。

PU'OLO(プーッオロ)
ハワイ語で「包み」
カードのテーマは「解放」です。

このカードに描かれているのは、亡くなった大切な人の死を嘆いている女性の姿です。
そして、このカードが意味しているものは解放なので、そろそろ、その悲しみから抜け出して、この洞穴から出る時間が来ていますよ~という意味が込められています。

最近、大切なものとのお別れがあった人にとっては、少しずつその気持ちを切り離す時期に差し掛かっているのでしょう。

そして、何かや誰かに執着している人にとっては、そこから自分を切り離して、もっと楽になりましょうよ~というサインでもあります。

誰かに何かを伝えたい人にとっては、今がその時ですよ~と伝えています。
愛の告白などには向いている時期でもあるのでしょうね。
自分の気持ちを素直に伝えてみてください。恋愛に限らずですけれどね。

例えば、それでふられたとしても、腑に落ちる何かを見つけることができるようなんですよね。
実は自分がその人に見ていたものの正体とかね。そして、解き放たれる。

今月は、思い切って何かをやめて、興味のある道に進む決心をして動きだす人も多くなります。

あとは、嫌いな人とか、一緒に居てモヤモヤとする人とは思い切って距離を置いてみてください。

ともかくも、10月はポジティブに行動を起こす月だということを意識して過ごしてみてくださいね。

では、Have A Great Month!! 最後まで読んでくれてありがとうございます。

MAHALO☆白龍
Img_e1846a7baf41d9a3a1ace083d25ae017
PU'OLO(包み)/解放
Img_12458d3ec089fa558da232661d550810
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
Aloha!

とても涼しい9月の始まりの日となりました。
夏風邪こじらせたマスク姿のダメウーマンとしては、この涼しさはありがたいことでございます。
これも、まもなく地球に来てから半世紀を迎える前のデトックスなのか??

では、さっそく今月のカードでございます。

PU'OLO(プーッオロ) ハワイ語で「包み」を表し、カード自体には「解放」という意味をもたせています。

「解放」って言葉からすると、なんだか色々なことを吐き出してスッキリするのかなー なんてイメージもあると思いますが、このカードが教えてくれているのは、過去や他人の問題に注意を向けすぎないよう、いま自分が注意を向けなくてはならないものを大切にして、そうでないものを手放す…ということ。

つまり、自分自身に集中することが大切だということです。

とはいえ、自分のやりたいことだけをやって、自分以外のことはないがしろにして良いってことではないですよ。

ひとつ考えてみてください。

*あなたが他人に対して「非難しがちな性質とかポイント」ってなんでしょうか?

なんで、そんなこと聞くのか?

うん…それは、

他人の言動であなたが気に食わなかったり、非難しがちな性質やポイントというのは・・・あなた自身の癒されていない部分だからなんです。

それが何かをよく見つめてみる。ここは、ちょっとモヤッ~とします。

でも、自分がそういった感情をもっていることを認める。思い切って認めちゃう。
自分のイライラの原因は、自分自身に対する恐れや不安だったということなんですね。
それが、理解できれば手放すことができるのです。

つまり、それがここでいう「解放」であり、自分自身に集中することなのです。

そういえば、このPU'OLOのカードには、ハワイアンの霊についての考え方も描かれていますので、日本のこんな言葉を思いだしました。


「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

幽霊に見えたものが、よく見ると枯れたススキの穂だった。
正体がわかってしまえば、それまで恐れていたことも案外たいしたことではないという意味。

不安や恐れなんかは、結構自分自身が創り出していることが多いので、人を責める前にまずわが身を振り返って見つめてみてくださいね。
人を責めるということは、つまり無意識で自分を責めて傷つけていることと等しいですから。
そろそろ、重荷おろしちゃいましょう。

そして、いつも思い出して欲しいのは、

「たとえ今の自分自身に自分が納得がいっていなくても、あなたはいつも完璧にあなたの人生を全うしているということ。どんな人間であろうとも宇宙から愛されているということ。そして、そばに居てくれる人たちはもちろんのこと、たとえ、はなればなれになろうとも、この世から肉体は消えようとも、常にすべてはあなたとひとつであなたに無条件の愛を送り続けていて、語りかければ必ずサインを返してくれるということ。」

こんなことです。どうぞ、風のやわらかさ、雲の形、雨の匂い、蝶の舞、植物のささやき…さまざまなことに敏感になってくださいね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
今月もあなたの笑顔がみんなを明るく照らし出すことでしょう!


MAHALO☆白龍
Img_f472823dc58836e28ae16532bad23fef
解放感を味わうには、やっぱり海ですよ!
Img_afa8bd1caa0dbfa6d1aa0320b95b5128
PAHU(パフ・神聖な太鼓)
Img_7e7a764199c57396121be5689554299c
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
冷たいビールが美味しい季節になりました。
暑い日が続いていますが、夏、楽しんでますか?
わたしは何か不思議な感覚の中で毎日を過ごしています。

8月のマナカードは。このPAHUが出てきてくれました。

PAHUはフラを踊る時に鳴らす神聖な太鼓。
カードには、カフナと思われる人物がサメが潜む水辺で、このPAHUを叩いている様子が描かれています。それは何かを周りに知らせている姿とも捉えられるし、何かの始まりを告げているようにも見えます。

そして、このPAHUにあてられた「13」という数字。
これはタロットでは死神のカードの数字。
だからと言って不吉ということではなく、今、まさに起死回生のチャンスが訪れる…といった意味なのだと私には観えます。

そして、マナカードでは、儀式とタイミングというテーマが与えられていますから、何かの歯車が新しい物事に向かってグルンと動き出すタイミングでもあります。

これからの人生にとって重要な出来事が起こります。
大切な誰かに出会う人も居るでしょう。
氣づきを得て、今までとは全く違う道に進む人も増えます。
もちろん今までの努力が実り形になり始める人も居ます。

迷ったら、誰かに見られて立派な自分ではなく、自分が誇れる自分で在ることを選んで進んでいきましょう。

自分の感性を信じてください。

夏はお祭りも多いので、積極的に参加して、その土地の精霊たちに感謝を捧げ、また、帰省などの際には墓参りをし先祖への感謝も忘れずに。自分を正しい位置に戻してくれるのでオススメですよ。

8という数字は永遠を現し、八という漢字は末広がりを現します。
今月は、大いなるものの中で動かされている私たちが、この世の夢をタップリ味わえる濃密な日々になることでしょう。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。
夏をどん欲に楽しんでいきましょう!

MAHALO☆白龍
Img_85bd23fe6a0ccc26c08b29c031335d9c
Img_f50b8a28b163a37f404d7ad88abc1c41
Img_4f423de881407d5d044a36773c78ec4a
藤原新也さんの「沖ノ島」の写真展より
どおしても観たくなり最終日に会社早退して駆け込みました。
Img_622afadc9cf64df1cb093fe4f6c1c4a4
PELE(ペレ)/火山の女神
Img_b29164bd39b09c1b8cc67badeedadab3
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
Img_87e4433f41b253ffdfce0e45afe881f2
KA WAI A KA PILILIKO(カ・ワイ・ア・カ・ピリリコ)/水に映し出された姿)
ALOHA!

早いもので今年も後半に入ってしまいましたね。
歳のせいもありますが、最近の時の流れの速さに驚きます。

今日は風が強くて海に出られず、久々に家でノンビリと過ごしていますが、

こうやって残りの人生も過ぎていくのかと思うと毎日を無為なものにしたくないと考えたりする反面、特別に何をしなくともエネルギーとして今ここに存在することこそが私達の人生の目的なのかもしれないとも思ったりもします。

最近は、もう何年も前に自分の中で思い描いていた映像のような生活をしたいな~なんて想いが募ってきて、もうじきそうなるのかもしれないなぁ~と感じると共に、また変化してしまう自分が怖いような氣持ちにもなっています。その怖さの感情はエゴが創り出しているフェイクなんですけどね。でも、海からは遠ざかりたくないな~

さて、今月のマナカードからのメッセージ…

今月は「火山の女神」でもある「PELE(ペレ)」が降臨です。

ハワイでは最も身近で愛されている神様の1人でもあるペレ。
彼女の激しさや変幻自在な姿は人々を魅了してやみません。
そして、とてもエネルギッシュです。

このカードには「隆起」というテーマが与えられています。

通常であれば、ボヤボヤしている暇はないから、
今すぐやりたいことをやりなさいよ!

ってな感じでお話することもできます。
このカードを観てそう受け取った方は、それでも良いと思います。

でも、今回わたしがこのカードから観じた印象は
「calm (静かな、おだやかな)」

When there is no cloud in your heart, your heart will be calm.
心に曇りなきときは心静かなり!

心を決めたならば、中心軸にとどまり、その時を待つ。
火山もたくさんのエネルギーを溜めて溜めて、その時を待ってドカーンですよね。

もちろん自分がドカーンといくためのエネルギーを溜めるには色々な努力が必要…なんて考えるのがこの世の仕組みのように思われているのですけれど、それって本当なのかな??

実はもうあなたの中にあって見つけてもらうのを待っている、自然にドカーンと行くのを待っている自然に蓄積されたエネルギーがあるんじゃないのかな。

でもね、そのドカーンなエネルギーって、自分の内側が滞っていると発揮できないようなんですよ。
そのためには自分がどんなことで滞っているかを知ることが大切なんですね。
ぜひ、下記のようなことが自分に思い当たるかたは、このタイミングでそこを見つめ直しておいてみてください。

自己否定・他者否定の気持ちが強い人→正義感にあふれている人、両親・兄弟姉妹・友達・仲間・恋人・メンターなどに強い気持ちを抱いていたり、すぐ反省をしてしまう人…などなど、そんな人はどこかで知らぬうちに人をジャッジしています。

わたし自身も、最近そういう気持ちが強いということを改めて見つめ直し、目からウロコ&涙ですよ。自分のこと、なんも判っとらんかった。

でも、人間ってどんな人もみんな、神様(この世を動かしている大いなる存在)が愛していないモノなど居ないんですって。
究極、どんな犯罪を犯した人だって、悪徳といわれている政治家だって、不倫をしている人だってそうらしいです。…うん、確かに神様はより好みはしないよね。そうじゃなきゃ、その人達を作らないだろうし。

誰かを責めている人は自分を責めています。自分を責めている人は他人を責めています。
みんな私達に氣づかせてくれるためのこの世の幻想でしかないそうです。

これが、最近のわたしの学びです。

今回、もう1枚ひいてみようと思って補助のカードをひいたのですが、それが「KA WAI A KA PILILIKO(カ・ワイ・ア・カ・ピリリコ)」これは11番目のカードなんですが、1と1が並んでますね。鏡のように姿を映し出す水面も描かれています。そして、そこに映し出されているのは美の象徴である金星(ヴィーナス)と受け容れる性質のある女性性を象徴する月。

これは、「わたし と あなた」を象徴しているカードです。
わたしはあなたを観て自分を知るのです。あなたはわたしを観て自分を知るのです。
すべてがそうやって繋がっています。

この世界に入ってしまったら「愛」でしか居られなくなりますね。
無私なるものになりたいもんです。「雨にも負けず…」の世界。

ということで、今月は「やることやって待て!」って感じです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
今月はアッチコッチでドカーン、ドカーンが聞こえますように。


MAHALO☆白龍

Img_157622cdbbf10152d10392a57c677d83
光と影
Img_fcef17e375f160bd7aae08eaacca7c50
HULU(フル/羽根)
Img_c33ea51ca5ded21fb60c24893fdbc42c
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル
Aloha!早いものでもう6月なんですね。
いつも買い物に行くスーパーで梅が大胆に主張してくるもので、昨夜ははちみつの梅酒を作ってみました。出来上がりが楽しみ。そんな6月の始まりです。

では、早速、6月のカードとして現れたのは
HULU(羽)/イリュージョン

羽は現実を作っているのは自分だと教えてくれています。

ある物やある人に対して、自分の目が見ていること、それが現実だと人間は考えていますが、それは総て幻想。

そのもの、ありのままの姿は見ている人はとても少ないです。
自我の目で見たいように物事を捉え、判断している人は多いです。

ハワイの昔の言い伝えに、マウイだけが鳥を見ることができたというのがあります。それはマウイが半神半人だから。人間は鳥のさえずりや羽音をたまに聞くことはあっても姿を見ることはできませんでしたが、あることをキッカケにして、人間と鳥との間にあるベールをとり外したために人々は鳥の鮮やかな羽を称えることができるようになりました。

ほとんどの人が、ベールをとり外す前の人間達のような状況です。

羽は、人間と神を結びつけるものの象徴として現れました。

神というと恐れ多く抵抗がある人もいると思いますが、神=愛であり喜びだとしたら、ベールの向こうに行きたくはありませんか?

この6月は、愛や喜びが完全に自分の人生の中心となるための第1歩の月となります。また、自分の内側に潜むあらゆる可能性について考え行動を起こす時でもあります。

このカードには山が描かれていますが、ハワイ島のカフナがインタビューで、こんな言葉を言ってました。

「人は山の上に行くと自分が何者かが判る」

ひとつの考えだけにとらわれず、たくさんの角度から物事を感じ考えてみる。そして、視野を広くもつこと、今月はこれを意識してみてください。

そして、行動ありき! 今は自分の心からの願いが叶いやすい時期になりますので、どんどん行動を起こして行きましょう。羽根のように軽く、ふわりふわりと。

このメッセージは受け取った人が愛と喜びの中でこれからの日々を過ごせるように祈りをこめて書いています。必要な人の元へ届きますように。

最後まで読んでくれてありがとう。
MAHALO☆白龍
Img_e037fda037d0719f35dc61042eb75908
Img_79a008c3590a468165905cfab689a200
Img_d0c067423da857f75403d730d456a592
おまけ

先日の関西方面に行った際に最後に立ち寄った「サムハラ神社」

祀られているのは宇宙における森羅万象を創造された三柱。
天御中主大神、高皇産霊大神、神皇産霊大神

この不思議な4文字が身を護ってくれるのだそう。

サムハラはサンスクリットのシャンバラ(幸福の維持、平和)からきているとのこと。

シャンバラといえば母の葬儀の時に、この言葉がふと浮かび、母は肉体を離れても幸せなんだなーなんてことを感じたのを思い出した。人間は肉体ではなく霊なんだよね。