SQ Life 木精占い
Img_3fa56fe943f6eccbeb57731ef9e5fb73
Img_eff4d96bab6f4284dbda7cfdf76dbb67
Aloha!!
桜の季節が足早に通り過ぎていきましたね。
花粉症の私には少し過ごしづらい季節ではありますが、これも肉体を持っていないと経験できないことなんで…受け入れつつ、どおしたら少しでも楽に過ごせるのか、どんな状況だとつらくないのか…など、試行錯誤と発見の日々を楽しんでいます。

最近は、「ネトルというハーブのハーブティを飲み続けたら花粉症が楽になった」という女性に相次いで2人も遭遇したので、嬉々としてネトルのハーブティを飲んでいます。いま、飲んでいるのは、ネトルとアイブライトとエルダーフラワーのブレンド。日本茶のような苦味でクセもなく美味しく飲んでいます。

このまま飲み続けて来年の今頃はみんなに胸を張って勧められると良いのだけれど…
Img_4b44ccb069523352c0ae1c18b467fa83
Mo'o(モオ*トカゲ)/罠
Img_c7f019dda1ebe4295d32f285cf24e706
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊

さて、それで今月のマナカードです。
44枚あるマナカードの中で私が一番好きなカード

Mo’o(モオ)/(トカゲ)

マナカードでは、このMo’oに「罠(わな)」というテーマをつけています。

Mo’oというのは、ハワイ神話で語られる、トカゲのような姿をした怪物のこと。
この絵にはトカゲと女性の姿が描かれていますが、Mo’oは女性の姿に化けて人をだましたりもします。ヒイアカがペレの恋人を迎えにカウアイ島へと旅する神話では、しばしばその行く手を阻む、戦いの相手として描かれていますが、そのMo’oをアウマクア(守護神)とする家系もあり、また、池や滝壺の守り神であったりもします。

また、Mo’oと形の似ているハワイのゲッコーは、日本のヤモリ(守宮)と同じく、家を守る縁起の良い生き物としてハワイの人々に愛されています。

こうやって、Mo’oの説明をしてみて、ふと氣づいたのですが、このカードは「善悪で物事を考える二元性の考え方の罠にはまるな!」ってことも教えてくれているのですね。とても、奥深いカードです。今までここに目を向けたことがなかったので新しい発見です。

そして、言葉の罠にはまるな! 
嘘やゴシップに気をつけましょう。自分が嘘をついたり、ゴシップを語ったりすることをしないように注意することはもちろんですが、見聞きしたことを鵜呑みにしないようにすると良いでしょう。

そして、自我(エゴ)の罠にはまるな!
人間というのは不幸を考えるようにできている生き物なんだそうです。
だから、「幸せになろう!」という自分の意志を発動させることが幸せの扉を開く鍵なんだって。
上機嫌でいることは自分の意志。人生とは上機嫌で生きる修行なんだそうです。
これは、斉藤ひとりさんの言葉。

他人や起きた出来事に対する不満、そして、受け入れてもらえない、認められないという恐れは、すべて自分の内側にあり、人間とは、もともと罪悪感を抱えているものなのだそうです。

自分の内側から湧いてきている恐れや罪悪感は、分離(二元性の考え方)を信じている心が意識した状態から生じているので、その意識が動きを滞らせて、どんどん誤った方向へと人を向かわせてしまうわけなんですね。

だから、その恐れや罪悪感が自分の内側にあるということを潔く認めてしますこと、そして、外側に対する自分の心を変えていくことで自分自身を赦し、癒されていくということがとても重要なんだそうです。

じゃあ、具体的にどういう方法があるのかな~なんて考えていたら、こんな方法を見つけました。
参考まで!

「○○が苦手!と想った自分を受け入れ、認め、許し、愛しています」
○○のところに、自分が苦手と思っている人や物事を入れて、これが心にしっくり馴染むまで繰り返して言ってみてください。 
元ネタのサイト⇒ (Click!) 

このMo’oのカードは、トンネルを抜け出す一歩手前のカードでもあるんですね。
自分の視野が狭まっているときでもあるので、もっと大きな視点で物事を見ることが大切だと教えてくれています。

あなたの心が軽く、笑顔がピッカピカに輝くことを信じて!
MAHALO☆白龍
Img_cf96456b9eb3c13729b168b5d677ce6c
水仙*グランドモナーク
Aloha!

3月ですね。不思議なもので3月になった途端にグンっと春っぽい陽氣になったような…。

そんななか昨年スタートさせた「奇跡講座」の365日のワークが終わりました。
とはいえ、奇跡講座の学びに終わりはなく、これを学びきったときには人間として産まれる必要もないのかもしれない。

奇跡講座の世界観は密教の考え方とも通ずるような氣がしていて、私自身は信仰をもたないのですが、真理に近付きたい一心で最近では空海の本を読んだり、キリスト教的な考え方の小説を読んだり、人との関わりの中で観じたことを内省しています。

スピリチュアルな人達の間では、年明けぐらいから物事が大きく動くと言われていて、実際に多くの人がどんどん役割を与えられ変化をとげていく気配を感じているものの、私自身はピッタリと時が止まってしまったかのように内側も外側も静かです。
Img_d81a7ad936a6f859cb969aa46e47cca5
MAUI(半神半人マウイ)/トリックスター
Img_c6d0c2c4aa6238c5c6eab4c03b307b19
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
さて、今月のカードですが、ポリネシアンのヒーロー「MAUI(半神半人のマウイ)」が出ました。トリックスターというテーマがこのカードには充てられていますが、ディズニー映画のモアナでも、マウイのトリックスターっぷりが物語に多大なるエッセンスを与えていましたね。

でも、今日このカードをひいた時にわたしの頭にフッと浮かんだのは、愛娘ノエノエへの愛情を描いた、このせつない伝説に描かれたマウイの姿です。この話を読んだときに、マウイのイメージがガラッと変わりました。

こちらを⇒ (Click!) 

傍若無人で怖いもの知らずスーパースターのマウイは、よくも悪くも「与える」存在です。

3月は…

*こんな行動をするとよいでしょう!
 積極的に人と関わる、発展していく、与える、勇気を出して飛び込んでみる、好奇心に従う、いつもの自分ではしなさそうなことをしてみる、失敗をおそれずに一歩踏み込む

*トラウマの解消としては…
 父親とのコミュニケーションを増やす
 父親との関係性について内省してみる
 父親や男性との関わりで傷ついた氣持ちや怒りを鎮める(体の右側が痛い人は特に)⇒父に認められていないのでは?愛されていなかったのでは?⇒それって思い込みな場合もあるけど…

でも、そんな氣持ちを抱いてしまっている自分をゆるしちゃおう。その氣持ちが今までの自分を守ってくれていたかもしれないんだもんね。でもさ、そろそろ重くなってきてない?だから、おろしちゃおう。

ということで
⇒ゆるせない氣持ちとか思い浮かぶシーンとかがあったら、それらを大きな箱に入れて、その箱が光で包まれるイメージをして「ありがとう」って伝えてみてください。そして、それがすっ~っと流れ星のように消え去るのを見届けてくださいね。

「ありがとう」ってどうしても言えない場合には、「バイバイ」でもいいかもよ。1回で消えない場合は、何度も繰り返してみてね。そうやって向き合うことで、その出来事の意味が腑に落ちたりする場合もあるかも。これは単なる提案なので、自由にイメージして自分がやりやすいようにやってみてね。

では、今月もあなたの笑顔がピカピカ、目がキラキラと輝きますように。
最後まで読んでくれてありがとう。

MAHALO☆白龍
Img_55e69eeafdb9af2007bbd61c3b9e92d5
朝陽〜房総の山までクッキリ
Img_c1aa36d2fd715f0419f73092747b98e2
ティの花
Img_3e6d7e71d2afea4f1eaefc10ff4db54b
アリィの儀式の様子
ALOHA!!
寒い日が続いてますね。
でも、その分、空気がクリアで清々しさを感じるこの頃です。
私的には年度末に向けて忙しく残業が増える季節でもあります。

そんな中、ハワイ土産に買ってきたTIの花が6年の時を経て、初めて花を咲かせてくれました。
特別に手を加えた訳ではないので、なんだかとても得した気分。

初めて真近で見たティの花は小さくても、しっかりとお花な形をしていて、とても可愛いらしいのですよ。このティの花がたくさん集まったフサフサな感じは、カヒリのモデルにもなっているそうです。

カヒリ…アリィ(王族)が儀式などに出る際にどこに居るのか判る用の目印。長さは2〜3mぐらいで、棒の先に羽がたくさん付いてます。それぞれのアリィによってデザインが様々なので、カヒリを見れば何処のアリィが居るのか判ったそうです。鳥の羽は1羽から数枚しか取らなかったので、労力と時間がかかっているモノなのです。
Img_75733122a53b962b7022ccce3801b1e1
NALU(ナル・波)/黙想
Img_0f8abf746988590172cc6e1f6e5490db
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
そして、今月のカードは、
NALU(ナル*波)
与えられたテーマは「黙想」

聞こえてくるメッセージは、

あらがわない
戦わない
リラックス
思い切って飛び込んでみる

新しい世界への扉を開くのは、「楽しそう!」という、単純なインスピレーションと、素直なアクションです。

そして、何もしない

この何もしない…というのは、行動を起こさないということではなく、「自分が求めるものはもたらされる」と信じて過ごすということ。無理をしない…ということ。

そして、何が起きても、それを見つめることが大切です。戦わなくても良いけど、逃げずに見つめてください。

こんなの見たくなかったよー、なんて思う出来事も、実はあなたが選んだことだって知ってましたか?

それは影を光にするための大切な営み。
影に光をあてれば、そこは光になります。
だから、そうやって見つめることで影をどんどん光に変容させて、どんどんパワーを蓄えましょう。

今月もあなたの笑顔が輝きますように!
最後まで読んでくれてありがとう
Img_9633f93e44082c8ee26046575cd141a1
初日の出*新島
Img_760fe734d3af168ec58a6524b290950c
正月の富士山*茅ヶ崎
ALOHA!

あけましておめでとうございます。
2018年もみなさんにとって、更なる飛躍の年となりますように!
本年もよろしくお願いいたします。

今年の年越しは伊豆七島の新島で迎えました。
太平洋から昇る初日、遥か遠い場所から集まってくる波、そして地球を巡る風、といった大きなエネルギーを身体中に受け、そして、島の人々からは温かく、何者も判断せず、ただ受け容れるといった、素晴らしいエネルギーも学び、とても印象深い年末年始を過ごすことができました。
すべてに感謝。
そして、この感動をどのように拡げ繋げていくか、また課題をいただいたような氣がしています。
Img_d5c1eaf5c53ed5c40b565884d29d5f71
TI(ティ・ティーリーフ)/浄化
Img_4e6998582dcc80461360248420d38dbc
PUEO(プエオ・ふくろう)/導き
Img_9abddb8097d65656bc554376ac4fc79a
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
そして、今年のイヤーカード。
【TI(ティ・ティーリーフ)/浄化】
このカードには浄化を促すものが描かれています。

主題になっている、ティーという緑(赤など他にも色あります。)の葉は、事故や盗難除け・魔よけ・勝利のお守りとして、食べ物を包み調理するものとして、薬草として、幸運の印として…など、たくさんの用途に使われます。
そして、赤い塩。これはハワイ周辺の海底火山の土壌に豊かな栄養素が含まれているので、この赤土を長時間煎ったものにハワイの海水を加えて赤い塩を作っているそうですが、日本でも盛り塩をして邪気が入らないように結界をはったり、西洋では悪魔は塩が嫌いだという言い伝えもあるようで、塩はどこでも魔を祓うものとして扱われているのですね。

今年は、自分にとって(あくまでも自分にとってです)、正しい言動をしてください。
悲しみや許せない気持ちから逃げないで、それと向き合いましょう。
逃げるとそれは、どこまでも追いかけてきますが、向き合うと消えていきます。
その瞬間は苦しくても、いずれは無くなっていくものだと知っていることはとても大切なこと。
だから、どんなことにも逃げずに自分にとっての幸せを模索していってください。
赦す覚悟を決めた人から、浄化が進み、どんどん軽くなっていくようですよ。

そして、今月のマンスリーカード。
【PUEO(プエオ・ふくろう)/導き】
このカードには、四大元素(風、火、土、水)が描かれています。

四大元素はこの世に存在するすべて。
このカードから知ることは、自分には何ひとつ欠けているものは無いということだと思います。
あなたは、この世に産まれた時から(厳密にその前からも)完璧です。人知を超えたもの(神のような存在)が作ったのだからそうに決まってます。

あなたは、あなたとして、その才能、能力を活かすために産まれてきたのだから、その才能や能力を受け容れて、ちゃんと認めて、ちゃんと使いなさい!←自戒もこめて、「ちゃんと」を2回いれました。

と、このカードは言っています。

自分には何か欠けている、何か足りない…というのはエゴの考えです。
親や兄弟姉妹、友達などから言われたり、自分が勝手に他人と比較して、自分を判断してしまっていますが、それは幻です。ホントのあなたはそのままでいいんです。

ただ、それだけを受け容れることです。
変わる必要もないし、誰かのようになることもありません。

このカードは「進むための導き」にもなるし、「ストップするための警告」にもなり得るカードなのですが~

今月は「導かれている」のだと信頼して進むようにしてみてください。

では、今月もあなたの笑顔がキラリン!と光りますように!!
Img_e4a3967a91c8550e57313bc7ad952aab
タヒチ/ライアテア島→タハア島
Iaorana(イアオラナ)!

タヒチ語です。すっかりタヒチにかぶれています。
「こんにちは」ですが、何時でも誰かに会ったときには、相手の目を見て、この挨拶をするそうです。

10月終わりから11月頭にかけて、タヒチのレースに出場してきましたが、タヒチで出会った人々や一緒に行った仲間達の優しさ、素晴らしさに触れて、なんだか良くも悪くも自分を省みて、やられまくった旅でした。

その中でも、「タプタプアテアのマラエ」という、ポリネシアの文化にとって、とても大切な場所に行ってきた時のことを下記に書いたので、お時間あるときにでも読んでみてください。

「タプタプアテアのマラエ」⇒ (Click!) 
Img_91b112c80774c3b13fb3f8c5e0e3ec98
PUHI(プヒ・うなぎ)/崩壊
Img_efffa32a787783b6bdf3531d65d8c0c5
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
そして、12月のマナカードからのメッセージです。

「PUHI(プヒ・うなぎ)/崩壊」のカードがでました。

今回のプヒは、

完璧主義に陥りすぎたり、頑固さゆえに、ぐずぐずと先延ばしにしていることはありませんか?

本来目を向けるべきものから目をそらして、無駄なことをしていませんか?

…なんてふうに問いかけているようなんですよ。

自分の本当の感情から目をそらしていたいがために、わざわざ病気を作り出していたり…
自分で責任をとりたくないから、誰かのせいで動けない~なんてすねてみたり…

それは、自分への自信のなさが原因のようです。

今月は自分の中で自分が語りかける言葉によく耳を傾けてみてくださいね。
すると、気がつくはずです。
自分がいかにネガティブな言葉を自分に語りかけていて、そのために自分で自分を落ち込ませているってことに。

でもね、これ知っておいて欲しいんですけれど…

「この世で自分以外に自分を傷つける相手は存在しません。」

これを知っていれば、誰に何を言われようが、「へっ!」って感じです。
…ま、氣にはなりますけどね(笑)
でも、ここに立ち変えれば、その人の言葉の先にある真意はなんなんだろう~なんて考えも湧いてくるので、そこに調和が産まれるはずなんですよ。

そして生きていれば、いつもポジティブで居るというのは、なかなか難しいのですけれど…
それでも自分の氣持ちに注意深くあれば、それを瞬時に変えることも可能なんですよね。

だから、今月はじっくりと自分の氣持ちと向き合って、本当の自分の言葉に耳を傾けて行動できるようなクセをつけてしまいましょう。

そうするためには、まずは自分を誉めて誉めて誉めあげてください。
他人から見て、大したことはしてなくても、自分が自分を認めてあげさえすればよいのです。

そうやって自分を認めてあげることで、他人や新しい出来事を受け容れる器が整っていくようなんですね。そこから、色々なものごとがつながっていきますから。

あと、寒くなって身体に力が入ってしまう季節でもあるので、ストレッチとか柔軟とか、そんなことも積極的に行うといいと思います。

心も身体も常にメンテナンス…これが今月の課題かな。

そういえば、タヒチのフアヒネ島には青い目をした巨大うなぎが生息していて、川の神とされているようですよ。結局、最後もタヒチに話が戻りました。

では、今月もあなたの笑顔がキラキラと輝きますように!
最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

MAURURU☆白龍