SQ Life 木精占い
Img_d5b49362535c1f01ca2ff0fe2ca04899
夕焼け富士山
Img_792863d7c942566b9cfe45025f324c3f
自家製のゆかり
Img_89b4ff8a7c3d1ea4cc629b580337e1fc
手作り紫蘇ジュース炭酸割り
Aloha!!

梅雨があけましたね~。
今年の夏は長くなるのかしら…嬉しいような…嬉しくないような…。
本来、夏や暑さが大嫌いな私でしたが、ハワイのことをやることになってからは夏は嬉しい季節となりました。あとは、蚊の襲撃と、あせもに悩まされる日々がなければ最高なんだけれども…。

そして、6月はピンクがラッキーカラーだよ~と書きました。

6月中は朝焼け、夕焼けがとてもキレイでしたね。
赤に近いけれどピンクの空を見せてくれていました。

そして、今年も濃いピンクの赤紫蘇ジュースを作ってみました。夏の疲れをこれにとってもらおうかと思ってます。今年は紫蘇ジュースを作ったあとの紫蘇を天日で干し、お塩を混ぜて、長く寝かせていたフードプロセッサーを棚からおろして、自家製の「ゆかり」も作ってみました。

子供の頃から母がやっていた作業ですが、こうやって自分で作ると、家族のことを大切にしていた母の愛を感じずには居られません。 愛されていたんだな~
Img_5e996919af7bee93e8b630bfde5a664b
KA WAI A KA PILILIKO/反映
Img_28e13dae8dd283778271ba0a06f5e2a9
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
ということで、愛について思いをはせながら7月のマナカードをひいて思わず2度見(笑)

先月と同じ「KA WAI A KA PILILIKO(カヴァイアカピリリコ)、ハワイ語で「水に映し出された姿」という意味のカードが出てしまいました!しつこく書きますが、このカードは「反映」というカードの意味があてられています。

先月からさらに一歩進んだところで、自分への愛を感じてみようか…ってことかな。
先月は「自分対自分」で向き合ったのなら、今月は「自分対全体」

このカードを見た時に、浮かんだ言葉は、

「全部がわたし!」

私がステキだな~と思う人、私がイヤなヤツ~と思う人、私が羨ましい~と思うこと、私が嫌いだな~と感じること、すべては私の中にあることなんだよね。

わたしの中にあることをすべて、誰かが、何かが、体現してくれている。
だから、それにイチイチ惑わされなくても良いし、自分に合わないものに無理に従わなくても良いし、闘わなくてもよいの。

色々な人や現象が自分の方向性を示してくれているだけだから、ただ静かに目撃して、自分の希望する道を選んで進むだけで良いんだよね。愛や平和を声高に叫ばなくても、ただただ自分の道を一歩一歩進んで行くだけで、平和は訪れるし、愛に囲まれる。

それでOKなんだと思う。

全体(Whole)の語源は、ギリシャ語のholos(全体)。
そして、heal(癒す)、holy(聖なる)、health(健康)の語源でもあるので、
自分が全体であることに氣付いた人から、愛に満たされ、幸せになっていくということです。
「自分を大切にすること=みんなの幸せ」だから。

ただ、氣をつけなければならないといけないことがあれば、自分を大切にすることが「ひとりよがり」になっていないか!ということ。でも、例え一時期はそうでも、やり直しは必ずやってくるから、何も心配せず、失敗を恐れず、進むことです。それが、全体の幸せにつながると自分が信じられるのであれば、ただそこに力を尽くすだけです。

白龍個人としては、いま、金星とか宇宙のことがとても氣になっています。
何かピンときたら、ビューっと飛び出してしまうかもしれません。

では、みなさん楽しい7月にしてくださいね。
あなたの笑顔が輝けば、みんなにも幸せが訪れます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

MAHALO☆白龍
Img_ffd6aa72ba53e9a313e0dd2c55c7902f
樹齢300年の赤松/畠山記念館
ALOHA!

はっきりしない天気が続いていますね。5月は輝くようなGWが終わってから、なんとなく気分が晴れない日々が続いており、とくにウエサクの満月(5月29日)を過ぎる前後は絶不調で、マンスリーカードで出たWA'Aの変化を受けて自分の中にある膿のようなものをあぶり出す日々のようでしたが、今朝の瞑想の中で、自分がもつ光と闇がバランスのよい卵型で存在しているイメージがフワットと浮かび、突然何か目の前がパッと明るくなるような感覚がやってきたら、氣持ちも身体も軽くなりました。
変化は確実に起きており、ただ、それが形となって現れるのは、もう少し先のようですが信じて進むだけです。
Img_aef4dcb1889e46adc6ad794f5d084750
KA WAI A KA PILILIKO/反映
Img_47f6d6e9f34fe3d7df631c5e075a20c7
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
Img_312b47992b35b4363f9729918f236cb2
 新井朋子著/文踊社
6月のマナカードをひいてみました。

KA WAI A KA PILILIKO(カヴァイアカピリリコ)。ハワイ語で「水に映し出された姿」という意味のカードです。このカードは「反映」というカードの意味があてられています。

今回、私がこのカードを見て、すっと入ってきた言葉は「愛の花が咲く!」

このピンクのドレスを着た女性が見ているのは水に映し出された自分の姿なのですが、この水面には月と金星が映し出されています。

月は女性性を、金星は美しさを象徴する星です。
つまり彼女は自分の美しさや女性らしさを見ていることになります。
彼女は自分を心から愛しており、周囲が何と言おうとも自分に誇りを持っている。。。
そんな姿が描かれています。

自分を愛してこそ、他人も同じように大切にできる。
このカードは、そんなことを教えてくれています。

他人にあなたのアロハ(愛)をどんどん与えましょう。
人に優しくしましょう。
そうすれば、あなたの元にアロハは巡り巡ってやってきます。
そして、信頼して待つこともアロハだということを覚えておきましょう。

ラッキーカラーはピンク。または緑色。
コーディネートの中にさりげなく身につけてみると良いかもしれません。

あなた自身のアロハ(愛)に従い、正直に行動してみてくださいね。

そんな風にアロハのやりとりをしているうちに、スピリットメイトのような唯一無二のパートナーに巡りあえる人がますます増えていく予感がしています。

あなたの笑顔は誰かを幸せにするパワーを持っています。
あなたはここに存在するだけでアロハなのです。

最高最善のこの月となりますように。

MAHALO☆白龍


*マナカードの翻訳者であり、わたしの師匠でもある新井朋子先生が新刊を出版されました。
 「ハワイの開運アンティー・モコ 心のモヤ玉~大掃除!」 文踊社
 ハワイの知識を学びながら、ハーブ、フラワーエッセンスなどを使ってチャクラの掃除方法が書かれています。生活の中で楽しみながら、心のお掃除もできるそんな本です。

Img_96d1598e4187513b824752e4db2f5a06
羽伏浦海岸・新島
Aloha! GWは楽しく過ごしましたか?

わたしは、Va'a(カヌー)の仲間達と新島を拠点に神津島・式根島・利島へのVoyagingをしてきました。

今回のVoyagingは、マウイ島からはるばる来日したアンクルキモケオ・奥様のリン・仲間のケリーと共に過ごす1週間。そして、新島の方々の優しさと、他の島々の方々の思いやりに触れた1週間。

団体で居ると、色々なことが起きて、問題も勃発したりするのですが、それぞれが、色々な想いを抱えていて、良いことも悪く思えるようなことも、みんなにとっての最善に変化していく道筋に私達はいつも居るのだなぁ~ということを観じました。

ということで、アップが大変遅れました。
早速、今月のマナカードいってみよう!
Img_fe4947c4744a881e081a85a9ddf7bcad
Wa’a(ヴァア・カヌー)/移動
Img_837ccbc78149c2da6b4d8136549dee83
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
なんと、出たカードは…『Wa’a(ヴァア・カヌー)』 
ハワイではWa'a、タヒチではVa'a、アオテアロア(NZ)ではWaka

このカードに与えられたテーマは『移動』

つまり、「Wa'a」はもうじき『変化』が起きるときに出てきます。
状況の変化はもちろんのこと、内面の心情の変化なども起きるときです。

そして、予期せぬ方向転換のときにも出ます。⇒突然の転勤、転職、引っ越しとか

また、「今までのやり方が間違っていなかったか」と、見直しを促すような出来事が起きたりもします。
一見それは、自分にとって悪いことのように感じますが、自分が変わるためのキッカケになることなので、どんなことが起きても挫けずに目の前のことにトライしていきましょう。

単に旅行するのにも良い時期だよ~とも教えてくれていますよ。
もし、行きたい場所があるのならば、是非出掛けてみてくださいね。

そして、Wa'aというのは、1人では前に進みません。(1人漕ぎ用もありますが…)
古代の先祖たちが仲間と新天地を目指してハワイにやってきたように、私達は誰かと助け合い、支え合って生きて活かされています。

お互いが今ここに在ることを感謝し合い、敬う氣持ちを大切に!
誰かの行いを責めることは簡単ですが、そこは一歩忍耐で、理解しよう!共に向上しよう!という氣持ちを育ててください。

5月は私にとっては、父の命日、母の命日、と続きます。
我が家の墓には「感謝」という文字が刻まれています。それは、父に憎まれ口ばかり言っていた母が亡くなる前に「自分の家が無く転々としていた私にパパは家を与えてくれた。だから、とても感謝をしている」と語ったことで、「母は父を愛していたんだな~」と私が観じたから。

与えてくれたから愛していた…というのは、なんか聞こえが悪いかもしれないけれど、この世はエネルギーを与え合う場所だから、外から見たらとても不格好な2人だったけれど、父と母の間ではバランスがとれていたのかもしれないです。

長くなってしまいました。

では、今月もみなさんの笑顔がキラキラに輝きますように。
そして、素敵な変化をキャッチしてくださいね。

最後まで読んでくれてありがとう!

MAHALO☆白龍


Img_3fa56fe943f6eccbeb57731ef9e5fb73
Img_eff4d96bab6f4284dbda7cfdf76dbb67
Aloha!!
桜の季節が足早に通り過ぎていきましたね。
花粉症の私には少し過ごしづらい季節ではありますが、これも肉体を持っていないと経験できないことなんで…受け入れつつ、どおしたら少しでも楽に過ごせるのか、どんな状況だとつらくないのか…など、試行錯誤と発見の日々を楽しんでいます。

最近は、「ネトルというハーブのハーブティを飲み続けたら花粉症が楽になった」という女性に相次いで2人も遭遇したので、嬉々としてネトルのハーブティを飲んでいます。いま、飲んでいるのは、ネトルとアイブライトとエルダーフラワーのブレンド。日本茶のような苦味でクセもなく美味しく飲んでいます。

このまま飲み続けて来年の今頃はみんなに胸を張って勧められると良いのだけれど…
Img_4b44ccb069523352c0ae1c18b467fa83
Mo'o(モオ*トカゲ)/罠
Img_c7f019dda1ebe4295d32f285cf24e706
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊

さて、それで今月のマナカードです。
44枚あるマナカードの中で私が一番好きなカード

Mo’o(モオ)/(トカゲ)

マナカードでは、このMo’oに「罠(わな)」というテーマをつけています。

Mo’oというのは、ハワイ神話で語られる、トカゲのような姿をした怪物のこと。
この絵にはトカゲと女性の姿が描かれていますが、Mo’oは女性の姿に化けて人をだましたりもします。ヒイアカがペレの恋人を迎えにカウアイ島へと旅する神話では、しばしばその行く手を阻む、戦いの相手として描かれていますが、そのMo’oをアウマクア(守護神)とする家系もあり、また、池や滝壺の守り神であったりもします。

また、Mo’oと形の似ているハワイのゲッコーは、日本のヤモリ(守宮)と同じく、家を守る縁起の良い生き物としてハワイの人々に愛されています。

こうやって、Mo’oの説明をしてみて、ふと氣づいたのですが、このカードは「善悪で物事を考える二元性の考え方の罠にはまるな!」ってことも教えてくれているのですね。とても、奥深いカードです。今までここに目を向けたことがなかったので新しい発見です。

そして、言葉の罠にはまるな! 
嘘やゴシップに気をつけましょう。自分が嘘をついたり、ゴシップを語ったりすることをしないように注意することはもちろんですが、見聞きしたことを鵜呑みにしないようにすると良いでしょう。

そして、自我(エゴ)の罠にはまるな!
人間というのは不幸を考えるようにできている生き物なんだそうです。
だから、「幸せになろう!」という自分の意志を発動させることが幸せの扉を開く鍵なんだって。
上機嫌でいることは自分の意志。人生とは上機嫌で生きる修行なんだそうです。
これは、斉藤ひとりさんの言葉。

他人や起きた出来事に対する不満、そして、受け入れてもらえない、認められないという恐れは、すべて自分の内側にあり、人間とは、もともと罪悪感を抱えているものなのだそうです。

自分の内側から湧いてきている恐れや罪悪感は、分離(二元性の考え方)を信じている心が意識した状態から生じているので、その意識が動きを滞らせて、どんどん誤った方向へと人を向かわせてしまうわけなんですね。

だから、その恐れや罪悪感が自分の内側にあるということを潔く認めてしますこと、そして、外側に対する自分の心を変えていくことで自分自身を赦し、癒されていくということがとても重要なんだそうです。

じゃあ、具体的にどういう方法があるのかな~なんて考えていたら、こんな方法を見つけました。
参考まで!

「○○が苦手!と想った自分を受け入れ、認め、許し、愛しています」
○○のところに、自分が苦手と思っている人や物事を入れて、これが心にしっくり馴染むまで繰り返して言ってみてください。 
元ネタのサイト⇒ (Click!) 

このMo’oのカードは、トンネルを抜け出す一歩手前のカードでもあるんですね。
自分の視野が狭まっているときでもあるので、もっと大きな視点で物事を見ることが大切だと教えてくれています。

あなたの心が軽く、笑顔がピッカピカに輝くことを信じて!
MAHALO☆白龍
Img_cf96456b9eb3c13729b168b5d677ce6c
水仙*グランドモナーク
Aloha!

3月ですね。不思議なもので3月になった途端にグンっと春っぽい陽氣になったような…。

そんななか昨年スタートさせた「奇跡講座」の365日のワークが終わりました。
とはいえ、奇跡講座の学びに終わりはなく、これを学びきったときには人間として産まれる必要もないのかもしれない。

奇跡講座の世界観は密教の考え方とも通ずるような氣がしていて、私自身は信仰をもたないのですが、真理に近付きたい一心で最近では空海の本を読んだり、キリスト教的な考え方の小説を読んだり、人との関わりの中で観じたことを内省しています。

スピリチュアルな人達の間では、年明けぐらいから物事が大きく動くと言われていて、実際に多くの人がどんどん役割を与えられ変化をとげていく気配を感じているものの、私自身はピッタリと時が止まってしまったかのように内側も外側も静かです。
Img_d81a7ad936a6f859cb969aa46e47cca5
MAUI(半神半人マウイ)/トリックスター
Img_c6d0c2c4aa6238c5c6eab4c03b307b19
キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * ホクラニ・インターナショナル刊
さて、今月のカードですが、ポリネシアンのヒーロー「MAUI(半神半人のマウイ)」が出ました。トリックスターというテーマがこのカードには充てられていますが、ディズニー映画のモアナでも、マウイのトリックスターっぷりが物語に多大なるエッセンスを与えていましたね。

でも、今日このカードをひいた時にわたしの頭にフッと浮かんだのは、愛娘ノエノエへの愛情を描いた、このせつない伝説に描かれたマウイの姿です。この話を読んだときに、マウイのイメージがガラッと変わりました。

こちらを⇒ (Click!) 

傍若無人で怖いもの知らずスーパースターのマウイは、よくも悪くも「与える」存在です。

3月は…

*こんな行動をするとよいでしょう!
 積極的に人と関わる、発展していく、与える、勇気を出して飛び込んでみる、好奇心に従う、いつもの自分ではしなさそうなことをしてみる、失敗をおそれずに一歩踏み込む

*トラウマの解消としては…
 父親とのコミュニケーションを増やす
 父親との関係性について内省してみる
 父親や男性との関わりで傷ついた氣持ちや怒りを鎮める(体の右側が痛い人は特に)⇒父に認められていないのでは?愛されていなかったのでは?⇒それって思い込みな場合もあるけど…

でも、そんな氣持ちを抱いてしまっている自分をゆるしちゃおう。その氣持ちが今までの自分を守ってくれていたかもしれないんだもんね。でもさ、そろそろ重くなってきてない?だから、おろしちゃおう。

ということで
⇒ゆるせない氣持ちとか思い浮かぶシーンとかがあったら、それらを大きな箱に入れて、その箱が光で包まれるイメージをして「ありがとう」って伝えてみてください。そして、それがすっ~っと流れ星のように消え去るのを見届けてくださいね。

「ありがとう」ってどうしても言えない場合には、「バイバイ」でもいいかもよ。1回で消えない場合は、何度も繰り返してみてね。そうやって向き合うことで、その出来事の意味が腑に落ちたりする場合もあるかも。これは単なる提案なので、自由にイメージして自分がやりやすいようにやってみてね。

では、今月もあなたの笑顔がピカピカ、目がキラキラと輝きますように。
最後まで読んでくれてありがとう。

MAHALO☆白龍